スマート化③ Nature RemoとGoogle Home連携 照明

Nature Remo Google Home連携

こんにちわ。@hinkyakuraiderです

昔から使っている家電を買い換えずにスマート化できる、スマートリモコンNature Remoを買い、Google HomeやSiriでエアコンを完璧に操作することができるようになった。設定は単純だったが自分が自然に使うフレーズ選びや設定項目の多さが色々大変だった

照明は、エアコンやテレビに比べると操作項目が少ないし、楽に音声操作できるようになると思っていた。が間違いだった。

まずはGoogle Homeアプリから照明の名前を「電気」に変えた。
照明をオンにしてとは言わないし。
名前を「電気」に変えるだけで、これからの音声操作は「電気を○○して」と操作できる。
次にデフォルトで可能な音声操作のフレーズを把握し、そのフレーズが自分に向いていない(不自然)と感じればGoogleHomeアプリのルーティーン機能から自分が使いやすいフレーズに変更させていった

Nature Remoデフォルトで可能な照明操作フレーズ

電源のオン・オフはルーティーンなどを使わなくても極々自然なフレーズでオン・オフできる。「つけて、消して、切って」など。(オンにして、オフにしてとは言わないからスルー)
「切って」に対応しているのは驚いた。
電源のオン・オフ以外にも、調光、色調、常夜灯、全灯にも対応していた。
「(照明につけた名前)を白にして」で全灯。
「(照明につけた名前)を常夜灯にして、/消して/つけて」で常夜灯のオン・オフ。
これらは自然なフレーズで問題なく使えて調整の必要もない。

「電球色にして」と言うフレーズは1段階暖色になるタイプ
「昼白色にして」も似た感じで1段階寒色になるタイプ
「明るくして」「暗くして」も1段階変化するタイプ

自分としては、「電球色にして」は一気に電球色に変わる仕様にしたかったし、昼白色と言うフレーズも使わないのでどうにかしたい。
明るさ調整もや色調も、メーカーにもよるかも知れないが1段階の変化ではほぼ変化はない。
この辺りはIFTTTやNature Remoのルールという機能を使って調整することにしたが無理なこともあった。

音声操作を自分好みに調整

まず「電球色にして」をどうにかしたい。デフォルトでは「電球色にして」は徐々に電球色になるボタンを1段階変化させる状態。これを一撃で電球色にするボタンにしたいわけです
Nature remo Google Home 照明 色調
これはNature remoアプリの照明リモコンに「温かい色」ボタンを追加して、「電球色にして」でそのボタンが動作するようにIFTTTを使うことで解決した。

明るさ調整や色調は何をしてもうまくいかなかった

結果的に、何をしてもうまくいかなかったのは、徐々に明るくしたり暗くしたりする明るさの調整と、徐々に昼白色から暖色に変えたりする操作。
元々この操作は照明付属のリモコンでは長押しで調整するタイプ
調整できる段階もかなりの段階数があるような感じ。
Nature Remoアプリのリモコンからの操作だと、連打すれば対応できるがポン押しだと反応しない。
これはもう本体側の仕様だと思う。なので仕方がない部分もあるが、音声操作でも反応しない。
Nature Remoから赤外線は出ているが照明本体が反応していない状態。

アプリのリモコンだと連打で対応できるので、Nature Remoのルール機能を使い、連続で照明ボタンを押すように設定してみたがダメだった。
ボタンの間隔も「なし」「短い」「長い」全て試したがダメ。

なので今現在、調光、色調も、徐々に変える操作は音声操作ではできていない。
アプリのリモコンで連打すれば使えるが、それなら本体付属のリモコンで長押ししたほうがマシ。あまり使わない機能なので助かったが、絶対に使わない機能でもない。
Nature Remoに長押し機能も追加してほしいと感じた

関連記事

  1. Nature Remo Siri 連携

    スマート化②-2 Nature RemoとSiriを連携してみた エア…

  2. Nature Remo Google Home連携

    スマート化②-1 Nature remoとGoogle Homeを連携…

  3. Nature Remo Google Home連携

    スマート化① スマートリモコン Nature Remoを買ってみた。家…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。