無料のNik Collectionをインストール Topaz Adjustの代替探し

Nik Collection 無料

こんにちわ。@hinkyakuraiderです

とうとうTopaz Adjustのお試し期間が過ぎてしまいました
他にもDeNoiseやSharpenなど、HDR画像の後処理として使えるTopaz製品の無料お試し版を使ってきましたが、全アプリケーションの無料お試し期間が終わってしまいました

ボタン一つでHDR画像に味付けしたり、ノイズ除去したり、シャープをかけたりと便利なのですが、一つ一つの製品の値段が購入に踏み切るには微妙な値段です
しっかり把握しているわけではないが、確かアプリケーションが一つ80$くらい。$100円計算でも8000円程度になってしまう

HDRの後処理ソフトとして使っているのは3種類なので単純計算で24000円程度かかる。全部の値段を見たわけでもないが。

Topazのホームページを見ていると、何種類かのアプリケーションをバンドルして割引で売っているが、自分が欲しい3種類のバンドルはないし、その3種類のバンドルがあったとしてもちょっと値段がお高い。

他に手段がなければ仕方ないが、同じようなアプリケーションは他にも色々あるだろうし、それらのアプリケーションを試してからでも遅くはないので調べてみると、Nik Collectionに辿り着いた

本来は有料のプラグインで、本家ホームページから現行の無料お試し版をダウンロードできますが、Google時代の過去のバージョンなら今でも無料で使えるらしい
無料で配布されている過去のNik Clooectionの経緯はググればすぐに出てきますが、会社がGoogleに買われただの、その後にまた別会社が買っただの。

個人的にはそうした経緯は興味がないのでスルーです

とにかく過去に何万円もした高機能なアプリケーションが今でも無料で配布されている。
しかも自分が欲しいと思っているHDR画像の味付けや、ノイズリダクション、シャープネスも揃っている。それどころか無料のNik collectionにバンドルされているアプリケーションの中にはHDR合成するアプリケーションまで入っている
Photomatixとの仕上がりには違いが出てくるだろうが、その辺りも今後試していきたい

過去の無料Nik Collectionのダウンロードページを開くと、タイトルから推測すると2012年のバージョン。
(推測というほどでもないかも知れないが。)

Nik Collection 無料
無料のNik Collectionのダウンロードページ

ここ十年のデジタル系進化の著しさから、8年も前のアプリケーションと今のアプリケーションでは性能に大きな差があるのでは?と思い、最初は現行の有料バージョンをインストールしたが、起動時に「試す」ボタンを押すのが面倒でアンインストール。その日のうちに無料のNik Collectionを入れることにした
現行バージョンは少ししか触っていないので、プリセットの種類や精度など細かい部分はわからない。そもそもガッツリ触って比較したとしても、自分には出来上がった画像の繊細な違いはわからない可能性が高い。大事なことは自分が満足するかどうかです。

無料のNik Collectionにバンドルされているアプリケーションが下↓の通り、説明は本家からのコピペ

  • Analog Efex Pro2→昔ながらのカメラ、フィルム、レンズの仕上がりや雰囲気を再現してください。
  • Color Efex Pro4→色彩補正、レタッチ、クリエイティブ効果を実現する包括的なフィルターセット
  • Dfine2→お使いのカメラに合わせてノイズを除去し、写真を補正します。
  • HDR Efex Pro4→自然な写真からアーティスティックな写真まで、HDR 写真の可能性を思う存分
  • Sharpener Pro3→プロが選択する画像シャープネスを使用して、隠れた細部のディテールを
  • Silver Efex Pro2→暗室からインスパイアされた、世界をリードするモノクロコントロールソフトウェア/li>
  • Viveza2→写真のカラー、色調、光を選択してコントロールできるパワフルなソフトウェア

Dfine2やSharpener Proを使ってみる

Dfine2のノイズ除去精度はTopaz DeNoiseが使えなくなった今では比較できないが、Dfine2使用時のプレビュー画面を見ていると、ちゃんとノイズを除去してくれていると感じる。
ノイズ除去ソフト アプリ 無料

そして、Topaz DeNoiseでノイズを除去する時は、自分の非力コンピュータでは常にファンが回っていたのが気になっていたが、Dfine2だとファンが音を立てて回ることもなく、コンピュータにも優しそう。それだけ処理が多いとか少ないとかそういうのは知らない。
無料のノイズ除去アプリケーションは他にも色々ありそうだが、Photoshopから直で使えるのは便利

それはHDR後の画像にシャープをかけるときでも同じ。今まで使っていたTopaz Shapenの使用時は、いつもコンピュータのファンが回ってうるさかったが、Nik Sharpener Pro3だとコンピュータの負担が少ないのか、ファンがうるさく回りだすこともなくシャープをかけることができています
これもプレビュー画面を見ると、ボヤケた部分がクッキリなっていて、Topaz Shapenの代わりとして使えると感じました
下は元画像とsharpener Pro3を使った後の比較

Nik collection sharpener pro

これでTopaz DenoiseとSharpenの代替は良しとして、メインのAdjustの代替ですが、最初は一体何をどうすればTopaz Adjustの代わりになるのだろうと思っていた
そもそもHDRどころかカメラの使い方さえ知らない自分には、Topaz AdjustがHDR画像にどんな変化を加えているのかもわかっていない

ホームページから、Topaz Adjustの宣伝文句を翻訳して見ていると

Topaz Adjust Aiは、色、色調、コントラストを向上させることで、写真全体の雰囲気を変えるのに役立ちます

と書かれてある

ひょっとすると画像編集ソフトで、色調補正とかコントラストを弄れば、特別なアプリケーションは不要でTopaz Adjustみたいな効果を与えることができるのかな?とも思ったが、要はそれらの効果を与えるエフェクトがあれば楽なんだろう。
Color Efexには大量のプリセットが入っていて、ポチポチクリックしているだけで様々な効果を見ることができる
下の画像はColor Efex Pro4でブリーチバイパスというプリセットでパラメータを少し触った結果で、元画像とのフォー・アフターですが、HDR画像に味付けできている

Nik collection sharpener pro

Topaz Adjustをお試し期間中に触りまくったわけでもないが、Adjustにしても、このColor Efexにしても、自分の考えているイメージではPhotomatixだけだと白っぽい少し眠たい感じの仕上がりをクッキリさせてくれるという意味で、じゅうぶん代替になるだろうと感じました。
探せば他にもコントラストをゴニョゴニョしてくれるアプリケーションもあるだろうし、並行して探していこうとも思う

そして、このColor Efex Pro4は無料版だと処理するときに落ちるのですが、一応使える対処法もあります

この3点で自分の欲求は無料で解消されました。
他にバンドルされている、白黒写真を作るSilver Efex Pro2や、昔のフイルムカメラっぽいエフェクトをかけるAnalog Efex Pro2などは個人的に使う予定はないが、写真を撮る人には頼りになる無料ツールではないでしょうか。

無料Nik Collectionのダウンロードページ

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 【Android TV活用】AQUOSテレビの音声操作をスムーズにでき…

  2. Android tv アクオス グーグルフォト

    Android TV単体でグーグルフォトをスライドショーで見る

  3. プラグインなしで吹き出しを表示するおすすめのやり方

  4. 大阪駅 ライトアップ

    再度大阪市街地へ撮影サイクリングに行きました

  5. SIGMA 10-20mm F4-5.6

    SIGMA 10-20 F4-5.6買いました

  6. 三脚ストラップ 長さ

    自転車でカメラを運びやすいように三脚ストラップを購入しましたが

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。