SIGMA 10-20 F4-5.6買いました

SIGMA 10-20mm F4-5.6

こんにちわ。@hinkyakuraiderです

国内、海外サイトで人様のHDR画像を拝見して、何か惹かれるのはいつも広角で撮った画像です。

色味とかコテコテのHDR具合などもあるのかも知れませんが、あまり理屈でどうこう言うわけでなく、なんとなく直感で惹かれるのが広角で撮影された画像。

自分の生活ではHDR素材を撮影する以外に使用用途がないのもわかっていますが、せっかくですしやりたいことをやってみようと考え、値段が安かったこともありSIGMAの10-20 F4-5.6を買いました

SIGMA 10-20mm F4-5.6

SIGMA 10-20mm F4-5.6

自分の考え方が古いのか、オークションやメルカリみたいなところで物を買うことに非常に抵抗があり、数万円する物はよっぽど安心できる会社以外は国内の会社や店舗で買うタイプです

このレンズは販売開始がかなり以前なのでAmazonの販売・発送で新品はなかったのですが、複数の会社で程度がそれなりの中古品をAmazon経由で販売していました
オークションやメルカリ的なところで買うよりも配送が早いですし、初期不良などでの返品期間もあるので安心感が違います

想像していたよりズッシリとした重みがあります。撮影は遠くでも基本ロードバイクで向かう予定なので重くなるのはつらいですが、今は所有欲が満たされて満足。

レンズのケースは付属していませんでしたが、前後のキャップにフードとケンコーのレンズカバー(プロテクター?)が付いていました

Kenko MC-1 77mm

Kenko MC-1 77mm

今まで使っていたNikonのキットレンズやマクロレンズ、単焦点レンズはみなカバー無しでそのまま使っていて、プロテクターは検討したことがなかったので、このKenkoと言うメーカーについても全く知らなかったんですが、Amazonで見るとこんなプロテクターだけでも定価がみな¥5000とか¥6000円もしていてビックリです。だいたい半額くらいで販売されていましたが。

レビューを見ても、このケンコーというメーカーは絶賛されているのできっと良い物なんだろう。儲けものでした。

この超広角レンズは最新の型はF3通しの物が販売されていたので、どちらにするかネットで調べていると、前記のF4-5.6の方がシャープに写るなんて話もチラホラありました

ああいう記事を見ていていつも思うことが、験し撮りした写真を2枚添えて「こっちの方が解像度が〜」とか「シャープさが〜」なんて話。

今まで幾度とそういう記事を見てきましたが、何度見ても自分には全く同じにしか見えないんですが、モニターなのか視力なのか。。。

とにかく一緒に見えて差が全くわからない。

せっかく比較するための画像なども用意してくれている人もいるのに差がわからない自分が悪いんでしょう。

とにかく色々調べた結果、HDR素材のためのレンズなのですから背景をボカす必要もないでしょうし、暗かったら露出を上げれば良い(のか?)のだろうとF値には拘らずF4-5.6を選択です

家で試し撮りしてみましたがD90でちゃんとAF動作するし、今までにない画角。

外で早く撮りたいが休日が雨予報なのが残念


SIGMAの10-20 F4-5.6

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

関連記事

  1. Android tv アクオス グーグルフォト

    Android TV単体でグーグルフォトをスライドショーで見る

  2. AirMac 加熱状態の可能性があります

    AirMac Time Capsuleで過熱状態の可能性がありますと表…

  3. 大阪駅 ライトアップ

    再度大阪市街地へ撮影サイクリングに行きました

  4. Nik Collection 無料

    無料のNik Collectionをインストール Topaz Adju…

  5. 【Android TV活用】AQUOSテレビの音声操作をスムーズにでき…

  6. Photomatix raw 読み込めない 落ちる

    Photomatix Pro6でrawが読み込めなかったのを解決できた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。